re:lapse / re:lapse II.ep (CD)

東京を拠点に活動するシューゲイザー/ドリームポップバンド、re:lapseのセカンドEP。

For Tracy Hydeの夏botこと管梓氏がシンセ・アレンジで参加し話題を呼んだデビューEP「re:lapse.ep」から半年振り、待望となるre:lapse(リラプス)の2nd EPが登場!本作は、彼らが得意とするメランコリックな音像や侘び寂び感を踏襲しつつも、ブレス・イントロで始まる冒頭曲「wagon」で聴けるようなドリーム・ポップを披露するなど、サウンドの広がりもみせる意欲作。

他にも、The Jesus & Mary Chainの「Just Like Honey」を2020年版にアップデートしたようなM-2「timeless melody」、ドリーミー・アンビエントなM-3「hello」、My Bloody Valentineの「only tomorrow」や「who sees you」の雰囲気を感じさせるM-4「tonight,tonight,tonight」なども聴き応え十分!また、CDのみに収録されるボーナス・トラック「say」は伸びやかな疾走感が心地よく、Death Cab For CutieやWestkustを彷彿!(レーベルインフォ)

Track List:
1. wagon
2. timleless melody
3. hello
4. tonight,tonight,tonight
5. say



-コメント-
ティーンエイジ・ファンクラブ好きなら思わず頬が緩む、曲名込みの衒いのないオマージュから始まり、初期ジザメリを彷彿とさせる「timeless melody」、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのドラッギーな音像を現代にアップデートした「tonight,tonight,tonight」など、彼らの“好き”をぎゅうぎゅうに詰め込んだ1枚。前作よりもメロディへの意識が高まり、混沌としたサウンドスケープの中でkurageのイノセントな歌声がくっきりと輪郭を帯びている。早くライブを体験したいです!(黒田隆憲/SHOEGAZER DISC GUIDE監修)

空気が揺れ事物の輪郭が溶解したAmbienceを描いたre:lapseは、今、時を超える旋律によって、そのAmbienceのただなかに立つ自分たち自身の姿を描こうとしている。(広瀬正浩/聴覚文化論)

優しさの全てがここにある。淡い歌声と柔い轟音……ギター・ノイズの確かな濁りだけが現実に引き留めてくれる。「re:lapse .ep」から「re:lapse .ep」、続く覚めない夢に、私達はきっと眠り続ける (RAY/内山結愛)

型番 DREAMWAVES RECORDS (JPN)
販売価格
1,500円(税込1,650円)
購入数