DIOGENES CLUB / Count On Me (7INCH)

ネオ・アコースティック・デュオ、ディオゲネス・クラブのファースト7インチ。CDR特典付き。

東京のネオアコ・バンド The Laundries (ザ・ランドリーズ)のボーカリスト木村孝之と、オホーツクのネオアコ・ユニット Alvysinger (アルビーシンガー) 小野剛志によるFantastic Somethingなネオアコ・デュオ Diogenes Club (ディオゲネス・クラブ)。 2019年リリースの当レーベル・コンピレーション 「blue-very pavilion」「natale ai mirtilli」の2作に参加し、2020年晩秋に満を持して単独リリース。

A1 リードトラック「Count On Me」は Wall of OrchidsやWondermints (Darian)辺りに憧憬を置きつつ、よりネオアコ寄りにシフトさせたサウンド。所謂ウォール・オブ・サウンドを少し意識した定位や音の重ね方にも凝った作り。続く「Look For The Rainbow」は打って変わって初期Everything But The Girlに中期Jazz Butcher〜Max Eiderソロ作を彷彿とさせる展開のナンバー。B2はバンド題材の1つでもあるFantastic Somethingのデビュー曲「If She Doesn't Smile (It'll Rain)」のカバー。3曲中この曲が一番コーラス・アンサンブルの拘りが聞き所との事。アナログ7インチでのリリースにつき、マスタリングはmicrostar佐藤清喜氏を起用。全面に押し出しつつも浮き出るような立体感を感じさせる最高のお仕事。ミックス・エンジニアはThe Laundries一連の作品やビックアーティストも手がけるShinpei Yamada氏、最強のタッグです。因みに7インチはアナログ用のマスタリング、デジタル・ダウンロードには44k/16bitでご用意、これらの聴き比べもお楽しみ下さい。(レーベルインフォ)

*ダウンロードコード、ポストカード封入

初回限定特典:5曲入CDR

SIDE A:
1. Count On Me
SIDE B:
1. Look For The Rainbow
2. If She Doesn't Smile (It'll Rain)

型番 Blue-very Label (JPN)
販売価格
1,600円(税込1,760円)
購入数