CHRIS COHEN / S/T (CD)

ディアフーフを離れ、着実にソロ・キャリアを積み上げるクリス・コーエン待望の3作目
苦悩と喪失の物語がサイケデリックに重なる、哀しみのソフト・ロック・アルバム。


2年の歳月をかけて自身の生活の場である米ロスアンジェルス、リンカーン・ハイツの自宅とグレンデールのトロピコ・ビューティーで制作されたクリス・コーエン待望のサード・ソロ・アルバムを、ボーナス・トラックと盟友ロビン・ペックノールド(フリート・フォクシーズ)が手がけたライナー・ノーツを加えた特別仕様でスウィート・ドリームス・プレスからお届けします(米原盤:キャプチャード・トラックス)。

ほぼ自身の多重録音で完成された過去2枚のアルバムと異なり、サックス奏者のケイシー・ヌードセンや映画音楽作家として知られるジェイ・イスラエルソン、共作者にディア・ノラのケイティ・ダヴィッドソンやザック・フィリップスら多彩なゲストが参加して、これまで以上に広がりのあるアンサンブルを実現した本作は、薄日が射すようなサイケデリックな音像と溶けるようなメロディーをたずさえ、ひときわ大きな高みへと到達しました。

本作制作中のトピックとして、両親の離婚、とりわけ父親がゲイであることをカミングアウトしたことを彼も告白していますが、その苦悩と喪失の物語を半透明のレイヤーに重ねつつ、しかし本作は個人的な経験を乗り越えたコーエン自身の成長や人生への大きな眼差しが感じられるポジティブなシンガー・ソングライター・アルバムとして結実しました。

レコード産業に携わる父親とブロードウェイ女優の母親を持つ恵まれた音楽環境もあり、幼少期から楽器を手にしてきた彼だけに、ゾンビーズやフリート・ウッドマックなど60〜70年代のエッセンスは身についたもの。さらに彼はそこに魔法のツイストをかけ、桃源郷のような哀しみのソフト・ロック・アルバムをつくりあげます。インディー・ロックなるサブジャンルにくくられない、ポップ・ミュージックが本来たたえていた精巧さや尊さを本作からぜひ受け取ってください。(インフォより)

Track list:
01. Song They Play
02. Edit Out
03. Green Eyes
04. Sweet William
05. House Carpenter
06. Twice in a Lifetime
07. What Can I Do?
08. The Link
09. Heavy Weather Sailing
10. No Time to Say Goodbye
11. In a Fable - As If Apart (Live at Cafe Oto, 5 September 2016) *日本盤ボーナストラック





クリス・コーエン(Chris Cohen)
2002〜06年にかけてディアフーフのメンバーだったことで知られる米ロスアンジェルス在住のシンガー・ソングライター。自身のリーダー・バンドであるザ・カーテンズやナチュラル・ドリーマーズ、クリプタサイズでも活動したほか、アリエル・ピンクやキャス・マックームス、ホワイト・マジックらの作品でもマルチ演奏家として客演。ソロとしては最新セルフタイトル作のほか、『Overgrown Path』と『As If Apart』の計3枚のアルバムをリリース。元ティーンエイジ・ファンクラブのジェラルド・ラヴ、フリート・フォクシーズのロビン・ペックノールド、マック・デマルコなど多くのアーティストから賞賛されている。
型番 Sweet Dreams (JPN)
販売価格
2,000円(税込2,160円)
購入数